Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Googleの本質は研究機関であって会社ではないのでは?

 新サービスがいまいちぱっとしないGoogle。
IPO前と比べると全然地殻変動的なサービスを出してないぞぉ。
凄く期待してるんだからがんがってー。
信者の皆さんは(私含め)もうちっと気を長くして待とうぜ。

 Googleの強みは圧倒的な開発力。
世界有数大学並みの設備で、世界最高レベルのプログラマーが6000人近く、その人たちが小グループに分かれて開発している。
1グループが3~10人だから、ざっと800ぐらいの開発グループが居ると思われる。
 はたしてこいつら金になるサービスだけをやっているのか?
金になるサービスは、ライブドアみたいにさっさと投入できて開発に時間が掛からない最高レベルの後追いか、Googleの持ち味であるじっくり開発して地殻変動を起こすようなものの二つ。
ライブドアみたいな後追いがたのサービスは、みんなGOOGLEに望んでないしなぁ
それで…、地殻変動起こすようなサービスってやる前にはどんなものかが分かりにくいんだよね…。
なんか、Googleが大学みたいに長期投資的な研究やってるような気がする。
GoogleとNASAが共同研究したり、翻訳関連やったりと世界を変えるような研究を主にやってるとすると時間掛かりそうだよ。
MS→Googleはどちらも時代にあった技術をフルにつぎ込んで革命を起こした。
(どちらも時代の作り出した芸術だろうなぁ)
少なくとも旧来のものに5年以上の技術研究の差をぶつけた。
それまでの研究結果の積み重ねがあって、巨人の肩の上に立った。
もし、長期的に研究して積み重ねを重ねてとやって行ったら、今頃ようやく初期の研究内容が物になるって感じになるんじゃないかな。
だから、あと2年くらいは気を長くして見守っていても良いと思う。

 Googleは研究するために会社をやっている感じがする。
普通の会社のように設けるために会社をしているんじゃないんじゃないかと。
利潤を生み出すことより良い研究をして社会を変えることを目的にしている気がしてならない。
儲けるためだけなら、IPO後にもっと人が抜けるだろう。
儲けるためだけじゃないからあんなに人が残ったんだろうと思う。
だから、利潤目的の財務組みに最近苛立ってるんじゃないかな。
だって…IPO自体が資金は出せ、口は出すな、10年信じて持ち続けたら儲けさせてやるぞ!だもんね。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/23(木) 13:54:20|
  2. IT
  3. | コメント:0
<<Google Page Creator | ホーム | ミシェル・フーコー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。