Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本防衛

 いつもながら考えをまとめながら書くので言いたいことがはっきりしてないかも。

 【読書】海から見た日本の防衛 対馬海峡の戦史に学ぶを読んでのコメント。
私自身はまだこの本読んでません。
考え方自身も共感しました。
>「現行憲法は専守防衛を定めており、専守防衛とは本土決戦のことだ」
を認知している人はかなりの少数派ですしね。
かなり良い記事だなぁと。

 他のところは諸手を挙げて賛成なのですが、ただ…対馬海峡だけが日本防衛の要衝ではないのでは?という思いに駆られました。
仮想敵国を、ロシア、中国当たりに設定した場合対馬海峡だけが日本防衛の要衝になるとは思えないので…。


建国後まもない日本と唐、新羅との戦い。
二度にわたる元寇でのモンゴル軍と日本軍との戦い。
秀吉の唐入りでの二度の戦い。
そして日清、日露の両戦争。


これらって、朝鮮半島の結果的に陸軍の主戦場になったので、対馬海峡が海軍の主戦場になった。
戦争を起こした目的が、基本的に領土獲得のためである。
上記の場合は朝鮮半島を確保するために戦争をしました。
だから、戦争を起こす目的が異なれば、戦場にもなりえるんじゃないかなぁと。
 例えば、日本本土を占領することを戦争の目的とした場合はロシアなら直接北海道を狙ったほうが早いですし、中国なら古来と違って航海技術が発達しているので直接九州を占領することが出来ると。
海軍なら上記の場合なら、北太平洋か津軽海峡、下記なら九州の西の海のほうが主戦場になるだろうし。
陸軍なら北海道と九州が主戦場になるだろうし。
ん~…ここら辺は一体如何なってるんだろう…。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) 02:31:22|
  2. 政治・経済
  3. | コメント:0
<<自民党が取りそうな道。 | ホーム | メールの偽造のやり方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。