Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Googleらしさ

 秋元さんのGoogle の掟 10 か条を読みながら、自分でもかなーりの要約意訳をやってみようかと。早く日本語版記事が出ないかなぁ。
(英語の元記事も参考にしながら書いてるので間違いあるかも、逐語訳はイメージ通りじゃないから嫌いなんだよなぁ)

英語の元記事はNewsweekのGoogle: Ten Golden Rules

Eric Schmidt and Hal Varianの二人が語った内容。
 Eric SchmidtはGoogle会長兼CEOで一番えらーい人。
スタンフォード大学生ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンは起業するときに理系のエンジニアを理解する経営者が欲しかった。そこで、一年半かけてたぶん大企業のCEOやっていて理系の計算機科学の博士号持っているEric Schmidtを見つけ企業。
ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンが技術をやって老練なEric Schmidtが経営して支える。
(若く経験がないが技術はバッチシの若手+経営が得意だけど技術のほうは・・・という相互補完の組み合わせは起業の形でよくあるみたい)
 Hal Varianはバークレー校の経済学教授でコンサルタントらしい。ほかは不明。



どうでもいいけど・・・Googleは起業者の知名度はいまいちなような。スタンフォード大学の二人の学生ってのは分かるけど名前自体聞かれると即答できないなぁ。伝説を作ったにはしては影が薄いような



 では、記事の10大ルールは以下の通り。
・人を採用するときは、6人以上のグループで面接して話し合って決めるよ。
時間はかかるけど、公正な方法でAランク以上の人間を集めるには効果的。
・プログラマーがプログラムを心置きなく出来るような環境を作るよ。
会社で住めそうな&高級ホテル並みのサービス施設でプログラムに集中できるね。
・皆で仲良く和気あいあいと仕事をしようよ。
皆で近くにいてコミュニケーションとりながらやるのさ。もちろん、メンバーだけで話し合いたいときは会議室がたくさんあるから大丈夫。
それに、ものすごい有能な人と隣で仕事するってものすごく自分が成長できるんだよ。
・皆近くで仕事してるから、相談しやすいし調整しやすいよ。
皆で何してるか分かるようなシステムもあるんだ。
・自分で創ったものは自分が良く試して納得してから公開するよ。
開発者でありユーザーであり提供者であるんだ。
・創造性が一番大事。
仕事の次官の2割を自分の好きなプロジェクトをするために使って良いよ。いいもの作れたら周りの人達に広めよう。評価されてきたら事業化決定だね。
・多数派の判断は大概において間違ってないよ。
だから、みんなの合意を取ってから物事をするんだ。
(足引っ張るようなやつらは、いないんだろうなぁ)
・ワルイコトはしない。寛容性と前向きな組織を作るんだ。
・感情じゃなくて理性で判断。
データをたくさん集めて分析してから計画を立案したり判断するんだ。
・金曜日にコミュニケーション。
プレゼンや質疑応答をみんなでする。上達伝達能力が高い組織を作るのさ。

 これらは、シリコンバレーでは結構一般的。
そんな組織の問題点は
・自分は技術で一番と傲慢に思う人が出てくる。
柔軟性に致命的なダメージを与えるし、仕事はチームでするんだ。
(でも、技術屋とかハッカーみたいな実力一杯の人って自分が一番って考え持ってる人多そうな・・・)
・自分で作るほうがうまく行くと考える。
でも、会社だから事業に対して選択と集中をしたいから何でもかんでも自分で作るわけには行かない。
・成長期の会社は魅力的だけど・・・成熟していくにつれて魅力が落ちていく。
(ついでに、成熟期で魅力的→東大生が一杯来る→役員が半分以上東大生→その業界は落ちぶれてるって話を「東大で教えた社会人学 人生の設計篇」って本で読んだ気がする。)
・コミュニケーション重視だけど、会社は世界中にある。
グローバルに行えば行うほど、コミュニケーションが難しくなっていく。だけど、世界はグローバル化してるのでやめるわけにもいかないし。

 この内容でもNewsweekの中の人に怒られるかなぁ・・・どうなんだろう。
・・・海外の記事を勝手に訳して載せるのって著作権とかルールとかに引っかかる?
誰か知ってる人教えてください。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/06(火) 01:56:17|
  2. IT
  3. | コメント:0
<<電子書籍とモバイル | ホーム | 不幸額鑑定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。