Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英雄譚:iCon~スティーブ・ジョブズ - 偶像復活~

 「iCon~スティーブ・ジョブズ - 偶像復活~」
を読みました。

スティーブ・ジョブズって人は↓に簡単に紹介しました。
知ってる人は飛ばしてください。


iPodやMACを生み出したAppleの創業者。
Mr.インクレディブル、ファインディング・ニモ、モンスターズ・インクなどのコンピュータ・グラフィックを使ったアニメ映画製作会社ピクサーを作り上げる。
Appleでコンピュータとデジタル音楽の世界に革命をもたらし、ピクサーでコンピュータ・グラフィックでのアニメ映画の可能性を世界に与えた。



 スティーブ・ジョブズのこれまでの壮烈な人生をこの本では語っている。訳は非常に素晴らしくかなりのページ数を臨場感豊かに駆け抜けれる。
 一読の価値は古典的名著に匹敵するので、是非読んでもらいたい作品。

        これは英雄譚だ!

 3つの世界(コンピュータ・CGアニメ映画・デジタル音楽)における革命の物語であり、「スティーブ・ジョブズ」という時代を作り変えていった男の生き様が綴られている。
 波乱万丈な「スティーブ・ジョブズ」という男のカリスマ性は歴史上の偉人たちに例えるなら、織田信長に似ているだろう。だが、「スティーブ・ジョブズ」は同時代の人間だ!彼は、数々の失敗もしたがそれを強靭なバネにし大空を飛翔する。
 性格面の深い闇も彼に魅力を与え、時代を切り開いた男の栄光と影・数々の挫折による人間的成長をまざまざと見せ付けさせられる。
 そんな内容に、久々に夜は眠れなかった。海賊旗を掲げ大海原に飛び出したかった!

PS:銀河英雄伝説でヤン・ウェンリーが
「偉人や英雄といった人達の話を子供に教えるのは無駄なことさ。なぜなら健全な人間に狂人の真似をしろって言ってると同じだからさ。」みたいなことを言っていたと思う。
それを思い出し強く感じたよ。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/03(土) 00:14:04|
  2. IT
  3. | コメント:2
<<変身:フランツ・カフカ | ホーム | 源氏物語  訳:瀬戸内寂聴>>

コメント

初めまして。いつも読ませていただいてますm(__)mこれからよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2005/12/03(土) 00:18:15 |
  3. PAK #-
  4. [ 編集]

 PAKさん、初めましてVanguardです。
拙い文章ですが、読んで頂きありがとうございます。
感想によって続けていくモチベーションが維持できそうです。
これからもよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2005/12/03(土) 22:57:18 |
  3. Vanguard #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。