Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WEB2.0(次世代インターネット)を必要とする背景

 WEB2.0は必要なのだろうか?
 そして、WEB2.0は何で今こんなにも注目されているのだろうか?
そのことについて書いてみよう。
 できる限り、インターネットもほとんど詳しく知らないぜ!って人も呼んで分かるように書きたいので分かりにくかったら言って下さい、できる限り分かりやすく書き直します。
(技術者は道で最初に会った人にも己の専門分野を分かりやすく説明できなければいけないとファインマンさんが言ってたしね)
(初TB、私の記事なんかが梅田望夫さんのところにTBするに足る内容だろうか?と思うが、今のところの限界だからなぁ・・・TBがうまく行かない・・・orz)

 梅田望夫さんは経営者が他者を説得するために必要だといっている。
私も同意見。
 アメリカはアポロ計画で達成すべき未来のビジョンを作った。
そして、世界では誰でもアポロ計画といえば、月に行く計画といったシンボル・ビジョンになった。
アメリカ国内では技術者以外の一般の人々も同じイメージを持つようになった。
 ケネディ大統領は演説で月に行けると言った様に、経営者にとってWEB2.0も今はまだ十分普及していると言え難いが他者と共有できるシンボル・ビジョンになるのではないか?
未来へのシンボル・ビジョンにするためにWEB2.0はこんなにも議論されてるのではないだろうか?
と私は考える。

 なぜ今未来へのシンボル・ビジョンとしてWEB2.0が注目されてるのだろうか?
 WEB2.0の技術事態は以前からあったが、概念(シンボル・イメージ)として技術全体をまとめたものがなかったからだろう。
 これからの未来はWEB2.0だ!というイメージを持たすだけのものがあるから注目されてるのだろう。
そして、私は二つの進歩によって注目される土壌が作られたと見ている。WEB2.0に使われる技術の進歩(技術的要因)と一般の人達自体も受け入れるだけの感受性を持つようになった(社会的要因)からだろう。
 iPodができる前にもmp3プレイヤーはあったが、社会が受け入れるだけの土壌ができてなかったから売れなかった。
だが、iPodは土壌ができ始めたところをさらに強化し社会が受け入れるだけのものを作ったから成功した。
 具体的には、技術要因としてはAmazon、Google、Blog、はてな、Wikipedea、Mixi、Winnyなどを思い浮かべよう。社会的要因としては、インターネットの爆発的普及によってインターネットという言葉を知らない人間がいなくなったことや昨今の新聞・雑誌を見て分かるように最近のインターネット関連の記事の頻繁さ、生まれて10年以上の年月の蓄積だろう。
 こうして、WEB2.0が誕生する流れが熟して来たからこんなにも議論されてるのではないだろうかと。

分かりにくかったら言って下さい~
間違いなどあったら言って下さい~
何かあったら言って下さい~
スポンサーサイト
  1. 2005/11/05(土) 22:45:38|
  2. IT
  3. | コメント:1
<<100HT、ありがとう! | ホーム | WEB2.とは?(次世代インターネットの特徴)・訂正版>>

コメント

概念だからなぁ・・・

WEB2.0って個々の技術をまとめる概念だから・・・分かりにくいよねぇ・・・
しかも、結構広域な定義から出発してるしなぁ・・・
私が見た参照リンクなどは乗せるとまとめる意味がちと薄まるのと結構な量なので負担が多すぎるということからできるだけしない方向です。
とりあえず、個々の技術を説明して・・・この集合体がWEB2.0ってのを示す方向にチェンジ。
はてなやWikipediaなどはアナロジーを使って説明しようかと。
  1. URL |
  2. 2005/11/02(水) 23:33:02 |
  3. Vanguard #omluF3U6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。