Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コア・コンピタンス(強みについて)

 ちょっとしたメモ。
 コア・コンピタンスとは、ほかと比べ圧倒的優位をもたらす真似できない中核能力。
例えば、Googleの検索開発能力、ユニクロなら安価な商品販売力、トヨタ自動車なら車の進化改善力、ホンダなら高性能エンジン開発力などなど。
 それで、なぜこれが大切かといえば
コア・コンピタンスは、パレードの法則(全体 の2割程度の商品が会社全体の利益の約8割を占めるという法則)により2割の部分なので、そこに効果的に戦力を集中させたいから。
選択と集中です。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/28(日) 19:42:39|
  2. 政治・経済
  3. | コメント:2

インターネット時代の知識(ジェネラリストvsスペシャリスト)

 知識をインターネットから手に入れられる時代に、知識を操るジェネラリストとスペシャリストの相対価値は如何様になるだろうか。
 知識の定義を「使うために理解された知っている物事」とします。
知識は大まかに分けて二つの種類に分類できる。
ジェネラリストの教養的な広く浅い知識と、スペシャリストの専門的な狭く深い知識です。
 ジェネラリストの知識はインターネットから手に入れて使いこなせます。
この手の博学的知識は、一般的に分かりやすいものが多い事と学問的な知識の入り口かトリビア的なものになるからです。
 スペシャリストの知識はインターネットから手に入れても使いこなせないです。
インターネットから数秒で知識を手に入れたとしても、理解できずに使えないので無用の長物と化すのです。
なぜなら、体系的に段階を踏んで理解しないと、使えないからです。
それに、非常に学習コストが掛かりますし、現代はいかなる分野も非常に高い専門知識が役立ちます。
どの分野にも専門家が必要とされてます。
例えば…シュレディンガー方程式やヴィトゲンシュタインの著作を初めて見て理解できるとは思えません。
しかし、インターネットの到来で体系的な知識の学習コストが下がったことは事実でしょう。
 以上の結果から、ジェネラリストの知識が誰にでも身に付くようになると、相対的に地位が下がります。
スペシャリストの地位は、専門化が進むのでこれまで以上に高まります。
となると、これからはスペシャリストが必要になります。

 っと、軽い考察をやってみたが結論がドラッカーと同じになった。
  1. 2006/05/23(火) 23:17:56|
  2. その他
  3. | コメント:2

ハリー・ポッターと謎のプリンス 感想

 ネタばれしない程度に。
6時間くらいで読み終わった。
全体的にヴォルデモート:恋愛比が4:6くらいな感じで恋愛模様がかなり乱れている。
ハリーのお相手がびっくり。
力が入ってるなぁと。
題名の謎のプリンスは、意外な人物に。
ミスリードさせられてたよ。
死んだ人物は…まぁ、予想の範囲内って所かと。
今まであまりいい扱いではないマルフォイに光が当たっていた。
このキャラ立ち居地が微妙すぎる。
  1. 2006/05/20(土) 00:49:02|
  2. IT
  3. | コメント:3

ハルヒ関連と一緒に…

 ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を売ったらいいと思った。
  1. 2006/05/18(木) 22:27:43|
  2. その他
  3. | コメント:2

再現性の無い不具合に出会ったら…

 
 いくつか対処法がある。
1.装置やソフト一式取り替えるのが一番。
再現性が無いから原因特定がほぼ不可能だから。
2.一心に神に祈れ!
直るかもしれない。
理論的に分からず、試行錯誤でも無理ならこれしかない。
  1. 2006/05/16(火) 21:41:03|
  2. 技術
  3. | コメント:2

資本主義の脆弱性なんて

 大恐慌の経験から嫌ってほどに分かってると思います。
あの時も経済至上主義って駄目ねーみたいな感じになったと思いますが…。
大恐慌であんなに痛めつけられて経済に対する幻想捨てても、ほかにいいのが無くて資本主義やってるんだから…否定するなら代案出せばいいのにねぇ。
 
 結局、論理一点より情緒も取り入れようぜみたいな揺り返しが来てるだけに思われる。
どうせどっちかだけだと失敗するしね。
  1. 2006/05/13(土) 11:31:08|
  2. 政治・経済
  3. | コメント:3

エンジニアと文系職

 技術者と文系職の断絶の一番の理由は、発想の起点が違うからだと思う。
世界観が違う過ぎるし、見ている物も違う。
技術者は、技術を中心に考える。
文系職は、利益を中心に考える。
発想の始まりが違うから、結論も全く違うものになるし考えも違う。
いい物を作りたい技術者と売れて利益が出るものを作りたい文系職。
だから、あいつらなに考えてるかわかんないー状態になる。
 経営者もそうだけど、技術者は人によって成果が数倍から数百倍まで違う。
なのに、各人の能力を等価だと思われたらたまらないなぁ。
おまえ、ジャック・ウェルチとそこら辺の赤字の中小企業の社長を比べるのかみたいな。
 技術者のマネジメントをするものは、技術者が好ましい。
技術者を理解できるからだ。
CTOはやはり技術者出身でなければと思う。
  1. 2006/05/12(金) 00:16:59|
  2. 技術
  3. | コメント:2

論理と情緒のちょっとした考察

すべての極論は企みがある
理論の正しさと現実との適合性は必ずしも一致しない
見た目の綺麗さは内部の醜悪さを隠す武器である

 論理と情緒について。
イメージに囚われてないか?
論理が冷徹で冷たい非道なイメージ。
情緒が暖かくて人間的な綺麗なイメージ。
ほとんどの人が見るそのイメージは正しいのか?
少なくとも現実を見るとき、このバイアスが掛かってる気がする。
そういったバイアスをはずして物を見ると、結果は違うものになる。
 それは、少なくとも公の場で行う行為のほとんどは論理的に行ったほうがいいということだ。
私的な行為なら情緒的に行動してもかまわない場面が多いが…。
情緒を重んじる人たちは、今の政府が平安時代みたいに政治をせずに当時の情緒を重んじた宮廷文化の行為だけを行ってもいいのだろうか?
情緒で会社や社会が動いたらどうなるか想像できないのだろうか?
 なぜ今の世の中は論理的な行動が多いのかというと、論理的な行動のほうが情緒を重んじた行動よりメリットがあるからだ。
少なくとも論理の害は少ない。
情緒的に給料が決定される世界よりはね。
情緒で現実が動くことがどれだけあったのか…?
欲望で動く例は数多あるが、情緒なんていう綺麗な概念で動いた例はほとんどない。
浅学非才の身なので間違ってるかもしれないが、歴史を見て情緒で動いてるように見えても内実は利害の一致だったりするのだ。
 この手の議論はTPOも考えたほうがいいと思われる。
公なところと私的なところは、性質が異なる点が多いからだ。
そこら辺も含めて議論を構築すればいいのだが…全てにおいて情緒を優先しろとか全て論理的にとかは極論過ぎて現実から乖離する。
「あるべき姿」を見る前に「今ある姿」をしっかり見れなければどんな理論も机上の空論だ。

 こんだけ書いてきてあれだが、論理と情緒が概念として反対側としてそれぞれいるかどうかと考えると違う気がしてならない。
対立要素として成り立ってない気がする。
前提としてこの二つが概念的絶対値で等価である気がしない。
演繹的な論理に対立するのは、帰納的な経験であって
情緒に対立するのは、理性のほうじゃないかなぁ。
前提条件が間違ってる気がする。
  1. 2006/05/06(土) 22:56:43|
  2. その他
  3. | コメント:4

最近の疑問点 バージョン1.4

 未解決の疑問点を並べておく。
適切な質問は思い浮かんだ。
だが、どこで質問すれば適切な答えがえられるのかが分からない。
どこで質問すればいいんだろう…。

アナログとデジタルの設計の違い?
アナログとデジタルの設計者の求人の違いは?
斜陽産業はなにか?
企業の平均永続年数はどのくらいか?
1950年時に存在している企業はどのくらいあり、どのくらいの数が生き残っているか?
国家が消滅するまではどのくらいの平均期間が掛かるのか?
(政府が交代するまでの期間ではない)
1950年代のアメリカは今のように転職を軸にした労働感だったか?(労働環境の変化によっていかなる労働間が作られるか?)

設計者の能力差は上と下ではどのくらいあるのか?
アメリカ、日本、イギリス(出来れば先進国全て)の今世紀の各産業の興亡史とライフスタイルの変化はどのようなものか?

山っていくらで買えるだろう?
インターネットは産業革命並みのインパクトを歴史に与えるか?
与えたとしたら、どんな影響が出るか?

危機論と悲観論ばかりみて現実を見てない状況に陥ってないか?
経営者は儲かっていても、儲からないということを忘れてないか?
派遣で4年あれば1000万稼げて、それ投資に回して行けばさっさと引退できないか?

こんなBlogにスパム打つ効率性の悪いことする奴等の気持ちが分からん。
物事に必要な適正サイズの算出方はどんな感じか?
  1. 2006/05/05(金) 11:19:17|
  2. その他
  3. | コメント:3

Grinvi.com

Grinvi.com
YouTubeに似た動画サービス。
ただし、18禁ありでスペイン語。
200mまでOKらしい。
25分近いアニメがあるので、たぶんOP・EDではない本編がアップロードされてる模様。
検索したりタグを利用するためには登録必要。
IDはNombre de usuarioのところ。
PASSはContraseñaのところ。
Canalesが分類わけ。
まぁ、ソースコード読めば分かると思われ。
悪いことはしちゃいけないので、そんなことをしないで利用しようね。
  1. 2006/05/04(木) 00:50:03|
  2. IT
  3. | コメント:1

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。