Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Google AdSenseの恵みと働く方法の変化

 この先10年で、働くことの意味がきっと大きく変化するを読んで。

本文引用。
賃金水準が相対的に低い国では、
AdSense による収入が天から舞い降りた奇跡のように扱われているという。
日本でもネットでの収入で毎月数百万円を稼ぐ人があらわれている。

これらのネットで提供される仕組みは、
個人が企業で働く意味を改めて考えさせるきっかけを作ったし、
さらには地域や国を越えたネットで集まる富の再分配まで実現しつつある。

しかしここで行われていることは、実は2つしかない。
一つは、マッチング。もう一つには、金銭の授受の代行。


 天の恵みは一体実質どのくらいのものだろうか?
 英語圏内はざっと10億人ほどだから、日本の人口の8倍いる。
(前提として人口当たり同じくらいの割合でインターネット使ってる人々が居ると仮定すると)日本と比べ8倍の数の人が市場に居る。
ウェブ進化論 著者:梅田 望夫 ISBN: 4480062858
からの引用
月に10万円稼ぐにはテーマ性の高い人気サイトを作らなければいけないからたいへんだが、月数万円程度規模なら少々の努力で、月数千円規模ならばかなりの確立でたどりつく。
少々の努力で日本なら月数万円が手に入る。
 これが英語圏内なら
日本と比べ8倍の数の人がターゲットになるので
数万×8=8~30万程度
になる。
さらに、賃金水準が相対的に低い国は物価が安い。
Google AdSenseは支払いは基本通貨はドルで行われる。
ドルと自国通貨を換金することになる。
8~30万程度はドルで680~2,550ドル程度になる。
通貨としてドルは強いので、自国通貨と換算するとそれだけで得になる。
もし…アフリカでインターネットと英語が使える人が居て利用すれば…アフリカの平均年収が200ドル程度と言うことを考えるとまさに天の恵みだろう。
ここまで極端に天の恵みと言えるような自体は少なくないだろうが、年収の何割かぐらいは稼げる事態は十分すぎるほどにある。
(アジア各国の平均年収考えると、Google AdSenseだけで暮らしている例が出てもおかしくないのだろう)

 働き方の変化については…起こったとしても局所的にしか起こらないのではないか?という思いがある。
起こったら非常に面白そう。
それやって経営者と会社にどんな利益がある?
出世考えるなら他の会社と二束の草鞋履くより、転職した方がいいんじゃ?
起こったら今の派遣や契約社員と違ってそれ利益出る?
利益出るなら誰がそういう働き方が出来る会社作る?
会社作ってもベンチャーだから、局所にしかならないんじゃないの?
というのが疑問点。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/30(木) 16:38:37|
  2. その他
  3. | コメント:0

Google Blog

 中の人が書いているGoogle Blog/
2006年3月1日にできたらしい。

 Googleが無料のサーバー事業を始めるのを心から待ちながら…読んでいると『Googleの「心」』、『世界中のユーザーに使われるものを作りたい方、募集!』が特にいいなぁと思った。
こんな会社に勤めたいよなぁ。
羨ましいなぁ。
  1. 2006/03/29(水) 22:20:54|
  2. IT
  3. | コメント:0

青い鳥とか銀の弾丸とか賢者の石を探しに行こう

 見つけるのは簡単。
頭の中にあるから。

…無いと分かってるけど探しに行きたい。
(無いって証明は出来ないけど、この手の無いことを証明するのは悪魔の証明だから…しなくていいしね)
常道で王道で地道な方法が一番効果的なのは分かってるけど。
努力なしで望みのものが手に入ったらと…一度は誰もが思うだろうし。
空から女の子が降ってきて…彼女になるなんてありえないしねぇ。

 幻想は幻想と理解しながらもち続ける。
  1. 2006/03/28(火) 23:13:31|
  2. その他
  3. | コメント:0

人は何に翻弄されるんだろう?

 時代?運命?
これらの言葉は思考停止されるから好きじゃない。
人は人に翻弄されるのか…それとも自己の考えの無さに翻弄されるのだろうか、変化する外界との適応障害と捕らえるべきか。
  1. 2006/03/25(土) 22:00:12|
  2. その他
  3. | コメント:0

Google Page Creator

Google Page Creatorは、WEB際と作成サービスでアドレス「http://(Gmailユーザー名).googlepages.com/」サイト上には100MBの容量。
ワープロ感覚で簡単に作れる。
こんな感じ。
  1. 2006/03/24(金) 00:45:02|
  2. IT
  3. | コメント:0

Googleの本質は研究機関であって会社ではないのでは?

 新サービスがいまいちぱっとしないGoogle。
IPO前と比べると全然地殻変動的なサービスを出してないぞぉ。
凄く期待してるんだからがんがってー。
信者の皆さんは(私含め)もうちっと気を長くして待とうぜ。

 Googleの強みは圧倒的な開発力。
世界有数大学並みの設備で、世界最高レベルのプログラマーが6000人近く、その人たちが小グループに分かれて開発している。
1グループが3~10人だから、ざっと800ぐらいの開発グループが居ると思われる。
 はたしてこいつら金になるサービスだけをやっているのか?
金になるサービスは、ライブドアみたいにさっさと投入できて開発に時間が掛からない最高レベルの後追いか、Googleの持ち味であるじっくり開発して地殻変動を起こすようなものの二つ。
ライブドアみたいな後追いがたのサービスは、みんなGOOGLEに望んでないしなぁ
それで…、地殻変動起こすようなサービスってやる前にはどんなものかが分かりにくいんだよね…。
なんか、Googleが大学みたいに長期投資的な研究やってるような気がする。
GoogleとNASAが共同研究したり、翻訳関連やったりと世界を変えるような研究を主にやってるとすると時間掛かりそうだよ。
MS→Googleはどちらも時代にあった技術をフルにつぎ込んで革命を起こした。
(どちらも時代の作り出した芸術だろうなぁ)
少なくとも旧来のものに5年以上の技術研究の差をぶつけた。
それまでの研究結果の積み重ねがあって、巨人の肩の上に立った。
もし、長期的に研究して積み重ねを重ねてとやって行ったら、今頃ようやく初期の研究内容が物になるって感じになるんじゃないかな。
だから、あと2年くらいは気を長くして見守っていても良いと思う。

 Googleは研究するために会社をやっている感じがする。
普通の会社のように設けるために会社をしているんじゃないんじゃないかと。
利潤を生み出すことより良い研究をして社会を変えることを目的にしている気がしてならない。
儲けるためだけなら、IPO後にもっと人が抜けるだろう。
儲けるためだけじゃないからあんなに人が残ったんだろうと思う。
だから、利潤目的の財務組みに最近苛立ってるんじゃないかな。
だって…IPO自体が資金は出せ、口は出すな、10年信じて持ち続けたら儲けさせてやるぞ!だもんね。
  1. 2006/03/23(木) 13:54:20|
  2. IT
  3. | コメント:0

ミシェル・フーコー

 ミシェル・フーコーは、哲学者。
狂気、真理、権力、主体と言ったものを中心に哲学を創る。
構造主義を利用する。
同性愛者でエイズで死亡。
戦闘的知識人で政府の敵に近い。

 哲学は魅力的だ。
先人の考えは魅力的だ。
  1. 2006/03/23(木) 01:51:24|
  2. その他
  3. | コメント:0

Google Finance

 Google Financeが気付いたら出来ていた…。
なかなか使い勝手が良いんじゃないかな。
非常に視覚的。
一体どのくらいの新サービスがあるのかわからないなぁ。
  1. 2006/03/21(火) 23:13:44|
  2. IT
  3. | コメント:0

ブルックスの法則

 遅延したプロジェクトへの要員追加は、さらなる遅れをもたらすという事。
IT業界の格言らしい。
…戦力の逐次投入は愚劣と言うことか。
  1. 2006/03/21(火) 01:39:55|
  2. IT
  3. | コメント:0

大学と資金運用

世界の大学のファイナンス力格差
ハーバード大学の基金運用担当者
大学基金

 上記参照。
私の通ってる大学と運用資金が違いすぎるなぁ。
これだけ財力が違うと…比べることが嫌になる…。
研究費や設備に格段の差がついて…学生は学費免除で優秀なの集められて…それが国力に帰ってきて…勝てませんね…。
  1. 2006/03/18(土) 23:39:06|
  2. 政治・経済
  3. | コメント:0

バイ・アンド・ホールド

 「株は買ったら手放すな」という事。
ウォーレン・バフェットがこの手のことを言う。
ただし…これって正確には
「(自分の長期投資の判断に合ううちは)株は買ったら手放すな」と言う意味。
ここら辺を勘違いすると…価値が下がって株価に反映されたときに痛い目にあう。
  1. 2006/03/18(土) 11:48:29|
  2. その他
  3. | コメント:0

自衛隊の真実

 日本有数のオタク率を誇り、基地内では幽霊が見れる。
「自衛隊 オタク」 「自衛隊 幽霊」
このキーワードでぐぐってみよう
  1. 2006/03/16(木) 23:03:37|
  2. その他
  3. | コメント:0

理系関係未来予測

 ちょっとした予測。
30年後くらいを目処にしてみると…
 IT系は一部しか生き残れない。
中国・インドに超優秀で低賃金な人々が居てその人たちに簡単な仕事からアウトソーシングされていく。
そうやって行けば、中心地は簡単に移る。
デジタルはアナログ的な機械と違ってコピーしやすいし技術変化が激しい。
分母が大きいから優秀な人間の数も多い。
 製造業について、先行きがかなり暗い(最先端は20年後が過ぎたら追いつかれる可能性高)。
日本が技術的に先進国と真っ向から戦えるようになったのは70年代。
ざっと明治維新(1868年)から一世紀ほどで工業で世界を制覇せんとした。
中国・インドは日本のケースモデルがある。
IT化によって必要な情報は半分以上そろっている。
インド・中国の移民はアメリカには多いしTOPの大学に居る連中がごろごろ。
その人たちの本国リターンだけでもかなりのレベルまで引き上げが出来る。
あと、20~30年後当たり最先端の技術を持つ日本と同等になれる可能性は非常に高い。
(工学は試行錯誤の膨大な経験が必要な分野なので時間が掛かる)
どこでも生産できるものは壊滅的。
日本の理系は、文型の企業に就職しようとしている人が増えてきたし、待遇が文型に比べ恵まれてないことに気付いている。
 バイオ関連。
基礎研究が…重視されてないことがどう出るか・・・。
いい技術があっても起業できる仕組みがどの程度かが…。
世界的にやっていくにはかなりのお金が掛かるのでどうかなと…。
  1. 2006/03/16(木) 00:21:11|
  2. その他
  3. | コメント:0

シンプルな単純なことが高レベルな難しさなる理由(難しい複雑なことが実は簡単になる理由)

 シンプルなことをしよう。
単純なことをしよう。
と言われることがあるけど、これは実は非常に難しいのではないか?
 難しいことや複雑なことは小さな単純なシンプルなことに、分割還元できることが多々ある。
小さな単純なシンプルな事案までなれば各個撃破していけばいい。
個々レベルだけ見ると簡単なことの積み重ねであることが多い。
でも、複雑そうで難しそうなのでみんなやらない。
 でも、シンプルな単純なこと(でかいシンプル)をしようとすると分割することも出来ず、結果的に難しいこと(分割還元するとシンプルなことの×nになる)と等価になるのではないだろうか。
でかいシンプルなこと=難しいこと複雑なこと(シンプルなことの積み重ね)と言う感じになる。
この結果各個撃破出来ず、大軍とぶつかることになる。
だから、みんなやらないのでは無く失敗する。

 シンプルな単純なことの一番の難しさは、掲げる目標が理想論に近いことが良くあること。
理想論は抽象的であるから具体策を出しにくく困難を極める。
抽象的であるから現実的なファクターを見極めず失敗する。
抽象論は人にとって考えにくい。
 例えば、私は作家になると言うシンプルで単純な目標を掲げるとする。
(抽象的なのでエネルギーを集中させる先が分からない)
目標を掲げただけで具体策を出さない&現実味無いで失敗している人がかなり居るだろう。
これを、シンプルで単純なことではなく、複雑で難しいと思えることに置換してみよう。
一日三つアイディアを出してこれを一ヶ月以内に作品にまとめる、そして出版社や賞に送る。
こうすることで複雑で難しい目標を掲げるが、行動を分割できるので一つ一つはシンプルになって楽になる。
(制限があるからエネルギーの指向性を強めれる)
  1. 2006/03/15(水) 11:16:03|
  2. その他
  3. | コメント:0

6割の人が格差社会と感じやる気をなくしている

 新聞のアンケート結果で6割の人が格差社会と感じやる気をなくしていると言うのがありました。
傾向としては若者ほどその傾向が強いそうです。
就職難+経済の見通しの暗さのダブルパンチを食らってますからね。
専門学校行っても中退して…とか身近にありますよ。
高校卒業しても仕事無くてNEETというのも周りに居ますよ。
 と言う感じでなんかみんな無力感に囚われている人が多い。
後…実現しそうも無い夢を追い出す人も多い。
理想主義者も多い。
真の理想主義者は現実の中でしか生まれないのだが…。
 こんな感じで競争相手が次々と消えていく。
これってチャンス到来なのか…やらない人が増えたからやるだけである程度の利益が出そうだ。
  1. 2006/03/14(火) 23:07:08|
  2. その他
  3. | コメント:0

WEB2.0による(個々人の進化を積分すると)群衆の進化

 Web進化論で専門分野における情報の洪水によって、ポジティブフィールドバックが起こり利用者全体の質が増していき群集の叡智の精度が上がっていくことは触れられていたかな?(本貸していて手元に無いので確認できず)。
群集の叡智って群集の判断はおおむね正しいってことだったよね。

 WEB2.0の利用者にとっての最大のメリットは、情報の洪水に触れて賢くなるチャンスが増えることだ。
RSSリーダーやGoogleやBlogによって、以前なら手に入らなかった専門分野の生知識が手に入る。
生身の人間がHUBとして構成されていたのが、アクセスしやすいデジタル情報になった。
人間同士だけのネットワークより、HUBにつながる枝の数が格段に増えアクセスのしやすさ事態も格段に増えた。
例えば、弁護士や会計公認士、政治家、経営者などの情報。
この知識によって、利用者が賢くなるチャンスが得られる。
そして、個々の利用者が賢くなるにつれて、群集の叡智の精度も上がっていく。
1.多くの利用者が専門知識を手に入れる→2.賢くなるチャンスが増える→3.WEB利用者全体の質が上がる→1.に戻る。
こんな感じでポジティブフィールドバックが起こっていく。
 と言っても、教育効果は教える側の説明のうまさより教わる側の受容性に依存している。
効果はこんな感じに起こりそうだ。
8割くらいの人はちょっと賢くなる。
新しい商品を買うときはネットのレビュー記事を読んだり、就職活動に活用したりする。
1.5割くらいの人はWEBにある情報をフル活用する。
残りの0.5割くらいがWEBにある情報から足りないものを求めだしイノベーションを起こすみたいな。
こんなのが加速度的に起こるとは思わない。
遅々として進んでいき、50年後に気付いたら今の20代は50年前よりは情報によって全体的に賢くなったな!みたいな台詞を吐くような。
 TOPレベルの凄い人たちがちょっと増えた
だけど、ロングテール部分の普通レベルの人たちがTOPレベルの情報に触れて全体的に格段にレベルアップした。
こんなことが起きるんじゃないかと。
こういう変化は梅田氏はどう考えてるんだろう!?
(99.9%は仮説です)
  1. 2006/03/11(土) 23:54:23|
  2. IT
  3. | コメント:0

問題が起こると…

 問題が起こってから解決策を色々試行錯誤しながら導入して結果的にレベルアップ。
本来なら問題が起こる前に、起こりうることを想定し対応策を練っておけばいいのだが…。
なかなかそれはできない。
必要になってから対応策を練るからなぁ…。
 問題が起こらなければ、レベルアップしない。
必要にならなければ、レベル上げをしてレベルアップをしない。
この悪い癖を何とかしなければ…orz。
必要になってからレベル上げをしていたら迅速な行動が出来なくてチャンスを逃してしまう…。
  1. 2006/03/11(土) 14:46:46|
  2. その他
  3. | コメント:0

現代社会=変化を強要する社会?

 時代の進歩が速過ぎる。
マキャベリも15世紀のイタリアは変化速過ぎるぜ!って言ってたけど、それよりはるかに今は速い。
 古来から、時代の流れについていくためには、個々人が時代に合わせて変化していかないといけなかった。
そして、先進国では時代の最先端を走っているから地位が保てるわけだから時代に合わせて変化していかなければいけない。
そうすると、先進国で生きている人たちは嫌でも最先端付近まで変化しないと取り残されて淘汰される。
 しかし、古代の進歩のスピードは遅い。
人類が火を使ってから竪穴式住居に住むまで大分掛かったし、今の紙幣制度になるまで数千年掛かっている。
明白な進歩が一般大衆にもたらされるまでは、少なくとも半世紀以上が掛かった。
産業革命後は、自動車くらいには進歩が速くなった。
冷戦が終って世界が広がった後は飛行機くらいの進歩になった。
インターネットが発達して世界とつながれるようになってロケットくらいの進歩になった。
 今は古代よりはるかに速い。
生活自身の変化をもたらす技術の開発、システムの変化などが10年スパンくらいで起きている。
その度に、個々人は変化を時代から要請される。
けれども、人間の心理的変化が起こる時間事態はそんなに変わってない。
時代の変化スピードと人間の心理的変化に掛かる時間のずれがかなり大きくなってきていると思う。
そのずれによって、個々人にとっては時代が変化を強要しているように思われるようになっているのではないだろうか?
 そんなことを今日思った。

 英伝6SC明日発売おめでとうー。
フライングで届かないか待ってるぜー。
  1. 2006/03/08(水) 20:10:20|
  2. その他
  3. | コメント:0

RSSが便利すぎる

 今頃使い始めたら凄く便利だということに気付いた。
圧倒的に時間的余裕と触れる情報量が生まれる。
普通にブラウザでBlog開くと一日で207サイトも見れないし。
以前と比べて、500%ぐらい情報に触れる頻度が多くなった。
素晴らしい。
Bloglinesを使用中。
日本のだと、はてなアンテナ、FreshReaderがある。
FreshReaderはサーバーインストール型で便利らしい。
このためだけにレンタルサーバー借りるのもアレだしなぁ。
  1. 2006/03/07(火) 10:43:12|
  2. IT
  3. | コメント:0

「信用創造」とお金

 お金の裏づけは物質であるというところにmasaさんから反論いただいた。
ありがとうー。


物質以外の物もあると思うよ。銀行の「信用創造」なんかを考えると、必ずしもお金の量が物質と同等であるとは限らないと思う。



 信用創造は、借り手が増加したお金の保証をしている。
銀行が新たにお金を創出したように見えるけど、実態は借り手がお金の裏づけになっているのでは?。
だから、銀行からの借り手の物質がお金を保証していると。
もちろん、短期的には信用創造しても返済されなかった分が物質的裏づけが無くなったり、返済されない時点では物質的裏づけよりお金が余分に多くなるけど。
それは、長期的には信用創造の成功と失敗によって調整されるかと。
 物質以外ならサービスということになるんだろうけど、それは人間事態も物質とみなせば解決できるんだろうか…。
  1. 2006/03/07(火) 10:30:38|
  2. 政治・経済
  3. | コメント:0

お金って総量が増加しっぱなし?

 西暦1年のお金のトータルと今のお金のトータルってどっちが大きいのだろうか?
先進国で人が一日生活できる金額を基準にして、古代と現代のお金の価値を統一する。
そうすると、どちらが数量的にお金が多いのだろうか?
 そんなことを考えると、現代のほうが先進国が多く人口が多いから数量的にも多そうだ。
とすると一体どこからお金は増えたのだろうか?
お金は物質的裏づけ(金)が必要だから、お金と交換できるような物質自体の活用が現代に増えたからお金が増えた?

 ん~、でもなんか変だね。
  1. 2006/03/06(月) 12:58:05|
  2. 政治・経済
  3. | コメント:0

田中芳樹の本は…

 銀河英雄伝説が一番いい。
銀英伝と歴史物以外は面白いが深みが無い。 
人間の深い洞察によって書かれた部分が面白いのであって、その他の部分は特にねぇ…。
 創竜伝や薬師寺涼子の怪奇事件簿は、ライトノベル的な面白さはあるが人間に関する深い考察をもたらすようなものは少ないと思う。
何度も読み返して考えるようなことが書かれてる部分は…少ないと思う。
正直、銀英伝みたく長く残るような作品とは思えない。

 っと、こんなことを書いていても田中芳樹は好きな作家です。
  1. 2006/03/03(金) 11:40:17|
  2. 書籍
  3. | コメント:0

Blogを書きながら考えをまとめる

 Blogを書きながら考えをまとめる。
雑念レベルが明晰になっていく。
書いてる自身でははっきりしてないのが、書き終わりに差し掛かってはっきりしてくる。
考えるのに役に立つ。
  1. 2006/03/02(木) 00:09:24|
  2. IT
  3. | コメント:0

本を読むときについての雑感

 今頃そんなことに気付いたのかといわれそうな内容ですが。
素直に思考を本に委ねるだけでは駄目なんだろうなぁ。
ドラマや映画みたいに体験させてもらうのではなく、体験することが大事なんだろうなぁ。
読むことと理解することと考えることは全然別物です。
読んでも理解できないと知識として吸収できない。
考えないと理解しても次のレベルの自分には導かれない。

理解するためには本に思考をゆだねないで、読んでる自分とぶつけながら理解する。
理解したら、理解した事柄が整合性が取れてるか?言ってることがらが正しいか?を考える。
次に理解した内容から発展を考える。
  1. 2006/03/02(木) 00:04:50|
  2. 書籍
  3. | コメント:1

歴史を評価する

 歴史上の人物や物事を善悪や良し悪しの二元論で評価を下すのは無理だと思った。
私が評価を下すのではないだろうし。
人の評価は参考にしかならないだろうし。
結局未来の歴史にどう受け継がれたか?が、歴史自身が行う評価なんじゃないか。
だから、二元論で評価せずにあるがままに受け入れて参考にするしかないのだろうなぁ。
  1. 2006/03/01(水) 23:31:31|
  2. その他
  3. | コメント:0

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。