Vanguard氏の覚書

日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

温度比較(M-15白燐榴弾の燃焼温度に対する疑問)

 M-15白燐榴弾は燃焼温度が2500度くらいだそうです。
摂氏5000度は絶対嘘だけど、2500度もかなーり高く思います。
ちと高すぎないかなぁ?と疑問に思っていたりする。
黄燐の発火温度 30度
白燐 融点が44度
白燐 沸点 280度ですよ・・・。
どのくらい高いかをいろいろな物質の温度を使って比較しちゃおうってのが今回の記事。
正確じゃない大体の温度です。

液体窒素 -195.8度
ドライアイスの昇華温度 -79度
水 沸点 0度
黄燐の発火温度 30度
体温 37度
ホッカイロ 50~60度
温泉卵 60~70度
水 融点 100度
白燐 融点が44度
白燐 沸点 280度
焚き火 1000度
金 融点 1000度
ナパーム弾 900~1300度
チタン 融点 1800度
コバルト 融点 1500度
鉄 融点 1500度
LPガスの燃焼温度 800∼2000度
M-15白燐榴弾 燃焼温度 2500度
気化爆弾 2500~3000度の高温
鉄 沸点 2700度
金 沸点 2900度
チタン 沸点 3285度
タングステン 融点 3400度
モリブデン 融点 2620℃
コバルト 沸点 3000度
太陽の黒点 4000度
モリブデン 沸点 4650℃
タングステン 沸点 5000度
太陽の表面温度 5500度
磁場閉じ込め核融合炉心に必要なプラズマ 2-4億度
1996年10月8日,日本原子力研究所 プラズマ 5億2000万度

ん~、本当には2500度なんだろうか?
信頼できるソースを知らないし、比較した限り気化爆弾 2500~3000度の高温があるしなぁ。
でも、発煙時間約1分あるって事はその間燃えているから発煙すると考えると・・・投げた拠点はM-15白燐榴弾が当然燃えてるから回りのものにも燃え移らないかな?
2500度ですよ、焚き火よりも温度が高いならそこら辺のものも燃えるんじゃないかな、燃え移って燃える拠点なんて状態を作り出すことは照明弾やマーカーの用途をなさないと思うのだが。
以上のことを、踏まえると燃焼温度が2500度ってのも嘘っぽいような・・・
どなたか信頼できるM-15白燐榴弾の燃焼温度に関するソースを教えてください。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/25(金) 00:05:19|
  2. 科学
  3. | コメント:4

白燐弾について

 なんか米軍がイラクで白燐弾使って非難されている・・・。
非難している内容が突っ込みしてくださいって言うないようですがね。
なので、可笑しい所は突っ込んでみる。

 私は、事実として間違っているところを指摘するだけで、白燐弾を使う善悪を論じたいわけじゃないです。
まぁ、最低限の科学の知識を持ってないと騙されますよって事ぐらいは言いたいですがね。

非難されている内容は


 米軍が使っているであろうM-15白燐榴弾は,爆発半径は17メートルあって,燃焼温度は5000度だ.
 身体に付着した破片を取り去ると,空気に触れて自然発火する.
 だから,取り去る前に,怪我をした箇所を水につけなければならない.
 破片はすぐに水にひたさなければならない.

 白燐(黄燐)は酸素の少ない水に触れるとホスフィンを出すが,これがおそろしいガスだ.煙を吸入すれば,「phossy jaw」と呼ばれる症状が起きる.
 口に傷ができるがそれは治ることなく,顎の骨自体が砕けてしまうこともある.
 白燐(黄燐)は少量(小匙1杯未満)摂るだけで,吐き気,嘔吐,肝臓障害,心臓障害,腎臓障害,ひどい眠気をもよおすし,時には死に至ることもある.



まぁ、すぐ突っ込もうと思うところは
「酸素の少ない水」でしょうね・・・
水ってH2Oで・・・酸素の少ない水ってこの世に存在できないんじゃないか・・・
酸素の少ない水=H2になって、そりゃ水素じゃないかと。
また、白燐は湿った空気中で酸化され自然発火するため、水中で保存する。

 それに、M-15は白燐手榴弾です。
現在は、ほぼ後継のM34に切り替わっている。
白燐手榴弾は、第一次世界大戦から使われ始める。
世界中の軍隊で第一次世界大戦から、手榴弾として使われているって事は、当然ほかの用途の爆弾にも使われているだろう。
WW2には、ドイツ砲兵の標的弾として使われている。
あと、火炎瓶の材料としても使われている。
そんな、昔から良く使ってる兵器を非人道的といわれても困るだろうなぁと・・・。
White Phosphorous(WP/白燐)手榴弾といわれる。
M15のスペックは
黄隣発煙手榴弾 M15
延期時間約3秒
発煙時間約1分
黄隣飛散半径約10~15m
有効煙の地域約20m×20~30m
重量850g

 「ホスフィンを出すが」とあるが
リンは燃焼すると十酸化四リン(五酸化二リン)ができる。
十酸化四リン(五酸化二リン)は脱水剤として使われる。
また、脱水剤として電球製作時、医薬品や農薬の原料、試薬として利用される。
日本国内で4000~5000くらいは生産されている。

 「ホスフィン」は、リン化水素という。
 半導体製造のドーピングガスの原料として使われる。
生成方法は リン化カルシウムに水を加える。
M-15(白燐手榴弾)は・・・当然燃える。
だけど、リン化カルシウムがないとリン化水素が発生しないので・・・実際の戦場では発生しないかと。
大体・・・そんな危ない気体を発生させたら、風向きによって自分のところにも来て被害が出るでしょうし、発生させた拠点を占拠するときはいちいち無毒化させないといけないんじゃ使い勝手が悪すぎるかと。

「白燐(黄燐)は少量(小匙1杯未満)摂るだけで,吐き気,嘔吐,肝臓障害,心臓障害,腎臓障害,ひどい眠気をもよおすし,時には死に至ることもある.」
これは、合ってるかもしれない。
白燐は猛毒ってのは事実(ほかのリンはほとんど無毒)。
 「白燐は危険=白燐を使って化学反応をするM-15白燐榴弾は危険」ってのは別に良いんじゃないのかなぁ、兵器として危険じゃないほうが用途と照らし合わせてどうかと思うし。
それに、化学実験やるとわかるけど危ない薬品はたくさんあるしね。
化学実験で、反応物は危険で生成物は危険じゃないという場合はたくさんあるし。

 化学兵器は、毒性化学物質を使い人や動物に対して被害を与えるために使われる兵器。
今回のM-15白燐榴弾はこれに該当しません。
化学兵器=化学反応を行う兵器ではないですので・・・。

 燃焼温度は、私は白燐の燃焼温度を知らないのでスルーしたいところですがそうもできそうもない。
5000度ってどう考えても高すぎる。
太陽の表面温度は5500度くらい。
あれ・・・太陽の表面温度並みにあるぜ・・・
これって、単位はアメリカで使われているファーレンハイト(F)でしょうね。
日本で使われているセルシウス度に直すと2500度くらいかと。

以上。
  1. 2005/11/24(木) 12:56:45|
  2. その他
  3. | コメント:1

WEB2.0 まとめ

WEB2.0に関する事柄が結構な量になりそうなので一覧を示そうと思います。

インターネットについての理解
インターネットって何さ?


WEB2.0関連
WEB2.とは?(次世代インターネットの特徴)・訂正版
WEB2.0の詳細(次世代インターネットの詳細)
WEB2.0(次世代インターネット)を必要とする背景
サービス比較(これまでのWEBとWEB2.0黎明期)
WEB2.0の問題点とは?
  1. 2005/11/23(水) 23:37:06|
  2. IT
  3. | コメント:0

ゲーム・漫画・アニメは悪か?

 ゲーム・漫画・アニメは悪か?に関して。

 書くそのまえに、Vanguard氏(このBlog書いてる人)はゲーム・漫画・アニメだけが、青少年に対して悪影響を与えるとは考えていない。
神奈川県ゲーム暴力表現規制や漫画・アニメへの偏見は心苦しく、Vanguard氏は思っている。
その心情を受け入れつつ、Vanguard氏との会話を書いてみよう。
(私には文才が書けている様だ) [ゲーム・漫画・アニメは悪か?]の続きを読む
  1. 2005/11/20(日) 00:52:07|
  2. 娯楽
  3. | コメント:0

先見性を得るには?

 先見性が必要だ、とある人に言われる。
といってもどうすれば、先見性を持てるのだろうか?
先見性について書いてみる。
戯言さ・・・。 [先見性を得るには?]の続きを読む
  1. 2005/11/16(水) 22:32:13|
  2. その他
  3. | コメント:0

WEB中心とした世界

 WEB中心とした世界がどうなるか妄想しようかなぁと。
とりあえず、グダグダ書いてみよう。
妄想はとっても楽しい(マテコラ
読む人はとっても辛いかもしれないけどね。
そんなことを気にせず、妄想を書き書き。 [WEB中心とした世界]の続きを読む
  1. 2005/11/13(日) 21:56:54|
  2. IT
  3. | コメント:0

サービス比較(これまでのWEBとWEB2.0黎明期)

 私自身もWEB2.0は朧気にしか分からない・・・
だが、どんな感じになっていくかをサービスの比較によって、示せるんじゃないかと思ったので、試してみよう。
間違ってるところもあるだろうが、書いてみよう。
 あと、WEB2.0黎明期ってのはまだ本格的にWEB2.0が普及してないから。

これまでのサービス→WEB2.0黎明期
個人の表現の場:HP→Blog
議論の場:HPのBBS→Blogのコメントやトラックバック
集団の場:2ch→Blogの連合とSNS(mixi)
紙:紙→電子ペーパー
(電子ペーパーとWEB2.0の組み合わせが出るんじゃないかと)
地図:紙の地図→車ならカーナビ、ネットならGoogle Maps
音楽:CD→オンライン音楽配信サービス(iTunes Music Store)
音楽を聞く:CDプレイヤー&MDプレイヤー→携帯オーディオ(HDD、CFなどを使ってWEBサービスとの親近性が高い)
ポータブル・サイト:MSN、ライブドア、楽天→パーソナライズド、Start.com
ニュース:新聞紙→ネットの新聞、Blog・ジャーナル
ラジオ:ラジオ→Podcast
TV:TV→インターネット配信
  1. 2005/11/10(木) 23:07:32|
  2. IT
  3. | コメント:0

WEB2.0の問題点とは?

 まだ定義すら完全にできてないものの粗探しをしてみよう。
実は、私はWEB2.0に関する記事を読んでいて疑問点を生じた。
ということで、問題点になりそうな疑問点を書いてみよう。

 一番の疑問点
「進歩的性善説でサービスがうまく提供できるか?」
ネットのみならず現実世界で進歩的性善説でうまく行くことはどのくらいあるのか?と疑問に思いました。


 と、疑問点を追及する前に「性善説」と「性悪説」についてはっきりと区別しておこう。
分かってる人は飛ばしてください。
 「性善説」とは、人間は生まれたときから道徳的に善な存在である。しかし、人間が悪事を起こすのは生まれた後の環境によって悪に染まるから。
 「性悪説」とは、人間は生まれたときから悪な存在である。
しかし、人間は生まれた後の環境によって善を覚える。
人間を善な存在にするのは、教育や法律である。
決して、人間の本性が悪だから悪事を行っても良いという考えではない。
 注意点:どちらの説も人間を善な存在にし、理想的な社会を作るという考え方によっている。
なので、「性善説」だけが人間を肯定的に捉えるというものではなく、「性悪説」も人間を肯定的に捉えている。だから、「性悪説」を人間に対し冷笑的・厭世的と使ってるとし引用するのは的違いに近い。


 さて、ネットのみならず現実世界でも「性善説」の考えに立ち悪に染まる環境を作らなければ悪に染まらない。
だから、悪に染まる環境をなくそう!という考えは立派。
 本当に「性善説」でうまく行くなら、2chでの荒らし、晒し、暴言やHPにおけるBBSの争い、HPが攻撃の的にされる等はなくなるはず。
 しかし、現実的に見て今すぐそれをするのは無理だと。

 そこで、「性悪説」に立って人間を善な存在にするまでにはいかないが悪事を働かないように教育や法律を作ったほうが効果があることは歴史が実証していると思う。

 疑問点の
「進歩的性善説でサービスがうまく提供できるか?」
を考えると「性悪説」に立って、システムのある程度の統制とルール&罰則が必要なのではないか?と私は思います。



 技術的な問題点も考えてみよう。
「密なネットワークはウィルスなどの攻撃に対して弱点を持つのでは?」
 今まではつながりが薄かったことがある意味被害を食い止める役割があった。
しかし、つながりが密なネットワークは一度ウィルスなどに攻撃されると次々とやられていくのでは?と思いました。
 でも、この問題は「IPv6」に移行することやネットワーク全体の防衛システムを作ることで解決できるのかもしれない。

IPv6: ネットワークの新しい形。
現在、IPアドレスが不足している問題を解決できる。
また、セキュリティにも考慮されている。



 経営的な問題で 
「オープンでWEB主体なサービスは、どのくらいビジネスの成功率があるのだろうか?」
というのもあると思う。
代表的なWEB2.0の企業Googleは広告収入で稼いでいる。
 だが、これはある程度ユーザーが必要。
無料と有料のどちらのサービスも提供するってのも下手するとGoogleが無料で提供する可能性が・・・
本当に儲かってビジネスとして成立するのだろうかと。
 成功するにしてもある程度のユーザー数確保が鍵を握って少数の企業しか生き残れないんじゃないかと。



 「柔軟なシステムというが、どのくらいの数の人材が作れるのだろうか?」
いまだ少数で開発・リリース手法も固まってないように思われる。
  1. 2005/11/07(月) 22:51:52|
  2. IT
  3. | コメント:0

100HT、ありがとう!

 なんとか100HITまで、このBlogは存命しました。
見てくれてた人、コメントしてくれた人、トラックバックしてくれた人など、みんなありがとう!

blog開始が10月3日。
今が11月6日。
約一ヶ月で「100HIT」です。
三日坊主で潰れず良かったなぁと。
  1. 2005/11/06(日) 23:23:35|
  2. その他
  3. | コメント:0

WEB2.0(次世代インターネット)を必要とする背景

 WEB2.0は必要なのだろうか?
 そして、WEB2.0は何で今こんなにも注目されているのだろうか?
そのことについて書いてみよう。
 できる限り、インターネットもほとんど詳しく知らないぜ!って人も呼んで分かるように書きたいので分かりにくかったら言って下さい、できる限り分かりやすく書き直します。
(技術者は道で最初に会った人にも己の専門分野を分かりやすく説明できなければいけないとファインマンさんが言ってたしね)
(初TB、私の記事なんかが梅田望夫さんのところにTBするに足る内容だろうか?と思うが、今のところの限界だからなぁ・・・TBがうまく行かない・・・orz)

 梅田望夫さんは経営者が他者を説得するために必要だといっている。
私も同意見。
 アメリカはアポロ計画で達成すべき未来のビジョンを作った。
そして、世界では誰でもアポロ計画といえば、月に行く計画といったシンボル・ビジョンになった。
アメリカ国内では技術者以外の一般の人々も同じイメージを持つようになった。
 ケネディ大統領は演説で月に行けると言った様に、経営者にとってWEB2.0も今はまだ十分普及していると言え難いが他者と共有できるシンボル・ビジョンになるのではないか?
未来へのシンボル・ビジョンにするためにWEB2.0はこんなにも議論されてるのではないだろうか?
と私は考える。

 なぜ今未来へのシンボル・ビジョンとしてWEB2.0が注目されてるのだろうか?
 WEB2.0の技術事態は以前からあったが、概念(シンボル・イメージ)として技術全体をまとめたものがなかったからだろう。
 これからの未来はWEB2.0だ!というイメージを持たすだけのものがあるから注目されてるのだろう。
そして、私は二つの進歩によって注目される土壌が作られたと見ている。WEB2.0に使われる技術の進歩(技術的要因)と一般の人達自体も受け入れるだけの感受性を持つようになった(社会的要因)からだろう。
 iPodができる前にもmp3プレイヤーはあったが、社会が受け入れるだけの土壌ができてなかったから売れなかった。
だが、iPodは土壌ができ始めたところをさらに強化し社会が受け入れるだけのものを作ったから成功した。
 具体的には、技術要因としてはAmazon、Google、Blog、はてな、Wikipedea、Mixi、Winnyなどを思い浮かべよう。社会的要因としては、インターネットの爆発的普及によってインターネットという言葉を知らない人間がいなくなったことや昨今の新聞・雑誌を見て分かるように最近のインターネット関連の記事の頻繁さ、生まれて10年以上の年月の蓄積だろう。
 こうして、WEB2.0が誕生する流れが熟して来たからこんなにも議論されてるのではないだろうかと。

分かりにくかったら言って下さい~
間違いなどあったら言って下さい~
何かあったら言って下さい~
  1. 2005/11/05(土) 22:45:38|
  2. IT
  3. | コメント:1

WEB2.とは?(次世代インターネットの特徴)・訂正版

 改訂版は、
「柔軟なシステム」
システムを拡大・縮小・改変したい時に、容易にできる。
↑を追加しました。

 え~と、一応誰にでも分かるように書こうと努力しました。
分からなければどしどし言ってください、分かりやすくなるように頑張りますので。

ここでは、WEB2.0の特徴だけに的を絞って書こう。
(特徴自体は私から見たもの、他者とは違いが出るかもしれない)
この件は近江商人 JINBLOGの上原 仁さんがまとめており、大御所。
Web2.0 とは -7つの分類と要素MAP:近江商人 JINBLOG
この内容を参考にして自分なりにまとめてみる。

質問形式
質問:WEB2.0の特徴は?
答え:特徴は6つある。
WEB2.0を一言で言えば、「提供者主体で独立的・集中的だったのを、ユーザー主体で協力的・分散的にしたもの」
「直感的WEBサービス」
直感的に操作できるWEB上で提供されるサービス主体
「ユーザー参加型システム」
提供者だけでなくユーザーも信頼しながら協力して作っていく
「オープンなデータ」
可能な限り製作者だけが改善・利用できるのではなく、だれでも改善・利用ができるようになる
「デバイスフリー」
どんな機器からでも使える(パソコン・携帯・モバイル機器などなど)
「群衆の叡智」
WEB利用者の知識や力を結集する
「柔軟なシステム」
システムを拡大・縮小・改変したい時に、容易にできる。

間違いなどあったら言って下さい~
分かりにくかったら言って下さい~
何かあったら言って下さい~
  1. 2005/11/03(木) 22:51:22|
  2. IT
  3. | コメント:0

WEB2.0の詳細(次世代インターネットの詳細)

 え~と、一応誰にでも分かるように書こうと努力しました。
分からなければどしどし言ってください、分かりやすくなるように頑張りますので。

 WEBってのはインターネットのことです。
WEB2.0もインターネットの新しい形のことを示しています。
 WEB2.0は話題になってるが、実際は何だ?といわれると私は困るわけで・・・
(話題になってますよ・・・ネット業界ではこの話題で持ちきりらしいです)
 なぜなら、定義するにはまだ時期尚早といわれてるし私自身も良く分かってないからだ。
 今現在は、ぼんやりと方向性と内容が見えてきた感じだ。
分かっていることを書いていこう。

質問形式で書きます。

質問:WEB2.0って聞くとほかにもWEBのバージョンがあるの?
答え:WEB2.0は今までのWEBをWEB1.0(WEB1.5とも言われることがあるがここではWEB1.0に統一)とみなしてその次世代だよって事。

質問:WEB2.0って誰が言いだした?
答え:ティム・オレイリーという人が提唱者。
ティム・オレイリーはオープンソースの提唱者として知られている。
 オープンソースというのは、ソフトウェアの著作者の権利を守りながらソースコードを公開すること。
ソースコードとは、ソフトウェアの元になっているものである。
 だから、ソフトの秘密がたくさん入ってるので企業やプログラマは人には教えない。
 だが、オープンソースでソフトの元になっているのを皆に開放して参考にしたり、改造したりいろいろやっちゃってください!ということになる。
(開放して誰でも見れるようになるとソフトウェアの不具合が見つけやすく・改良しやすくなることもメリット)

質問:どういうところが次世代なんだ?
答え:WEB1.0がハードウェアのソフトウェアの販売中心だったのに比べ、WEB2.0ではネットワークを使ったサービス中心。
今まで、パソコンを中心に動いていたのがWEBが中心に動き出す。

質問:WEBを中心にすると今までとどう変わるんだ?
答え:今まではパソコンとパソコンの間には繋がりという物が薄かったが、これからはWEB2.0によってインターネットに接続できるものなら何でも繋がりを持ち、相互に協力して行く。

質問:WEB2.0を中心にしたときの特徴は?
答え:
大体に分けて4つある。
 その1 WEB1.0が繋がりが薄く独立的だったのに比べWEB2.0では、ダイナミックに協力して変化していく。
 その2 WEB1.0がソフトウェアを配給する企業・プログラマとユーザーの間ははっきりしていたがWEB2.0では、相互に交流・協力して直感的なサービスを作り出していく。
 その3 WEB1.0がソフトウェアのソースを秘密にしてたのに比べWEB2.0ではソフトウェアのソースやAPI(ソフトウェアの行動を命令する元)を公開して改良・利用などを自由にできるようになる。
 その4 WEB1.0では繋がりが薄かったので個々人の力を結集して物事を行うことが難しかったが、WEB2.0では繋がりが綿密なので個々人の叡智を結集したりWEB上で多くの人と共同して行動・表現ができるようになる。

質問:単なる今までのWEBの延長線ですか?
答え:違うらしいです。
世代の違いといって良いほどの違いをもたらすものです。
確たる違いをWEB2.0とWEB1.0では持つでしょう。

質問:具体的に言ってYO!
答え:ネットで会った人と現実でも会うようになる。
ネットで知らない人に質問して答えてもらう。
ネットで物を買う。
自分を表現するものをネットに持ち(HP、Blog、mixiなど)パソコン以外の携帯やモバイル機器などからも更新するようになる。
企業への要望やユーザー間の交流が盛んになる。
文章以外のデータ、動画や音楽、音声なども表現手段になっていく。などなど。

質問:今現在、WEB2.0を感じられるものはあるか?
答え:
 WEB2.0の代表企業と言われるGoogleだと
Gmail、GoogleMap、Google Adsense、Blog、Google Baseなど。
WinnyやshareやBitTorrentもWEB2.0のうち。
 それ以外だとWikipedia、Amazonのレビュー、Gooの地図、はてなぶっくまーく、はてなダイアリーキーワードなどなど。

間違いなどあったら言って下さい~
分かりにくかったら言って下さい~
何かあったら言って下さい~
  1. 2005/11/03(木) 21:10:43|
  2. IT
  3. | コメント:0

どしどし追加してください




カテゴリー

最近の記事

プロフィール

Vanguard

Author:Vanguard
某工業大学の臆病な大学生が書いてます。

以下、このblogについて
記事は正しいと思われることより間違っていると思われることのほうが多いかもしれません、そのときはコメント・トラックバックで正しいと思われる方向を指し示して教授していただけると非常に嬉しいです。
前提>結論の順に間違いが多いです。
英語関連は言語のカテゴリーにあります。
宣言なしに消えるかもしれません。

月別アーカイブ

過去ログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。